PreSonus プリソナス / RC500 (スリッドステート・チャンネル・ストリップ)【お取り寄せ商品】 -その他

PreSonus プリソナス / RC500 (スリッドステート・チャンネル・ストリップ)【お取り寄せ商品】 -その他

*



極めて優れた性能とコストパフォーマンスを両立したスリッドステート・チャンネル・ストリップ。

RC 500のFET(Field-Effect Transistor:電界効果トランジスター)コンプレッサーは、完全可変のアタック、リリース、スレッショルドの各コントロール、およびバイパス・コントロールを搭載。圧縮比は3:1に固定されており、この組み合わせは、優れた柔軟性を提供し、間違いを起こすリスクを低減します。

RC 500の3バンド・セミパラメトリックEQは、ロバート・クリール氏がプリアンプとコンプレッサーに合わせてデザインしたものです。分離フィルターと最適化されたバンドごとのQを組み合わせ、不快なアーチファクトの出ない絶妙なシグナル・シェイピングを提供します。

全バンドにゲイン(±16dB)、周波数コントロール、固定Q(0.5)が用意され、ミッドバンドとハイバンドにはオーバーラップ周波数範囲を設定可能。ローバンドとハイバンドはシェルビングとピークの間で切替可能であり、EQはハードバイパスも可能です。

【機能】
●ソリッドステート・プリアンプ搭載1チャンネル・チャンネルストリップ
・クラスAハイブリッド・デザイン、トランス内蔵ハイゲイン・マイクプリアンプ
・ハイブリッド検出方式を使用したFETコンプレッサー、リレーおよびハードパイパス切り替え
・3バンド・セミパラメトリック・イコライザー、リレーおよびハードパイパス切り替え
・+48Vファンタム電源、80Hzハイパス・フィルター、-20dBパッド
・フロントパネル 1/4” インストゥルメント入力、入力切り替えスイッチ付きリアパネルXLRマイク/ライン入力
・VUメーター、出力レベルとゲイン・リダクション表示を選択可能
・バランス・センド/リターン・アナログ・インサート
・ハイグレードなコンポーネント:フィルム・コンデンサー、1%誤差の抵抗、極めて低ディストーションのオペアンプ
・マスター出力コントロール
・バランス出力(XLRおよび 1/4” TRS端子)
・IECコネクター付内部トロイダル電源
・スチール・シャーシ

【技術仕様】
■入力インピーダンス
マイク: 1500Ω
ライン: 1kΩ
インストゥルメント: 1MΩ

■最大入力レベル
マイク(-20dB、パッドアウト): 0dBu
マイク(-20dB、パッドイン): +20dBu
バランスライン: +18dBu
インストゥルメント: 0dBu

■ゲイン幅
マイク(-20dB、パッドアウト): +20dB~+70dB
ライン: -20dB~+15dB
インストゥルメント: +5dB~+50dB

■パフォーマンス
ノイズフロア(全入力、最小ゲイン): -102dBu(A特性)
マイク入力換算ノイズ(EIN; 20Hz~20kHz): -125dBu(A特性)
周波数特性: 10Hz~25kHz、±1dB
最大出力レベル: +24dBu
出力インピーダンス: 50Ω

■EQ
タイプ: 二次シェルビング・フィルター
Q: 0.5
ローバンド(ローパスまたはバンドパス): 20Hz~400Hz、±16dB
ミッドバンド: 400Hz~5kHz、±16dB
ハイバンド(ハイパスまたはバンドパス): 2kHz~20kHz、±16dB

■コンプレッサー
タイプ: FET VCA、RMSベース・コントロール
スレッショルド(可変): -25dBu~+20dBu
レシオ(固定): 3:1
アタック・タイム(可変): 高速(0.5ms)~低速(10ms)
リリース・タイム(可変): 高速(30ms)~低速(500ms)
カーブ・タイプ: ソフトニー

■電源
内部供給、標準IECコネクター: 100/120/230/240 VAC、12W

■その他
サイズ: 1Uラックマウント
外寸: 43.7mm(高)× 195.3mm(奥)× 482.6mm(幅)
質量: 3.26kg

UD20170209

レーシングテクノロジーを環境技術へ

《800円OFFクーポン対象 12月2日24時迄》コーチ COACH レディース リュックサック シグネチャー バックパック ネイビー F39896 SV/DE | コーチアウトレット ブランド

PreSonus プリソナス / RC500 (スリッドステート・チャンネル・ストリップ)【お取り寄せ商品】 -その他

YGKは全く新しい車輌やエンジンの設計・開発製作において「産学連携」「国内の優秀な試作会社へのアウトソーシング」により、開発予算・商品コストにおける圧倒的なアドバンテージ、さらに技術確革新を似って進歩させることにより、様々な問題に立ち向かい、社会に貢献出来るエンジンメーカーとしての基盤を築き、地域間やメーカーを越えた提案が出来る企業を目指しております